トップページイベント情報 > テーマ展「奇兵隊の軍服と袖印−奇兵隊士元森熊次郎資料−」

イベント情報

テーマ展「奇兵隊の軍服と袖印−奇兵隊士元森熊次郎資料−」

奇兵隊士元森熊次郎写真

 文久3年(1863)6月、高杉晋作が創設した奇兵隊は、幕末の長州諸隊の代表として、その名を知られています。奇兵隊結成当初は統一した軍服はありませんでしたが、軍制改革により洋式の軍服に整えられて行きました。同様に、隊士の所属と名前を示した袖印も、規格が統一されていきます。この軍服と袖印は、まさに新しい時代を切り拓く隊士の象徴でした。一方、実戦の場で使われる軍服は、遺例が少なく、その実態はつかめていません。
 本展は、当時のままの状態で遺されている奇兵隊士元森熊次郎(1845-68)着用の軍服と袖印を紹介し、その実像に迫るとともに、明治近代国家への歩みを考える機会とするものです。

会期 平成30年1月5日(金)〜2月12日(月・祝)
9:00〜16:30(入館は16:00まで。
1月8日(月・祝)を除く毎週月曜休館。月曜が祝日の場合火曜日)
会場 山口県立山口博物館 歴史常設展示室
主催 山口県立山口博物館
観覧料 常設観覧料に含む。(一般150円、学生100円)
*70歳以上、19歳未満の方及び高等学校・中等教育学校・総合支援学校(特別支援学校)等に在学する生徒は無料。

主な出品資料

奇兵隊士元森熊次郎着用の軍服 山口県文書館
奇兵隊士元森熊次郎袖印 山口県文書館
元森熊次郎写真(ガラス湿版) 山口県文書館
元森熊次郎書簡 山口県文書館

ほか

*出品点数20点(予定)


問い合わせ先

山口県立山口博物館(担当・山田)
〒753-0073 山口市春日町8−2
電話(083)922-0294/FAX(083)922-0353

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー