トップページイベント情報 > コーナー展示「きらり山口!もの作り人物伝」

イベント情報

コーナー展示「きらり山口!もの作り人物伝」

 明治以降、日本は近代化の歩みを進めてきました。もの作りの分野においても、外国から新しい知識を学ぶとともに、新しい技術を積極的に導入して意欲的に取り組んでいきました。そして新たな道を切り拓き、日本の良さや伝統を生かした技術・文化を生みました。
 本展では、明治150年を記念して、幕末から明治にかけて、もの作りの分野で情熱を注ぎ、困難な課題に挑戦し、様々な発明・製作に尽力した山口県出身の藤島常興、柏木幸助、藤岡市助に光を当てることによって、彼らの活動と業績を紹介します。


期間 平成30年4月20日(金)〜6月24日(日)
9:00〜16:30(入館は16:00まで。月曜休館。月曜が祝日の場合は火曜日)
会場 山口県立山口博物館 3階展示室
観覧料 常設展観覧料(一般150円、学生100円)に含まれます。
70歳以上、19歳未満の方及び高等学校・中等教育学校・総合支援学校(特別支援学校)等に在学する生徒は無料

展示資料




(1) 藤島常興関連資料  (尺度画線機パネルなど計8点)
    明治初期の科学機器製作者の先覚者、藤島常興を紹介します。
(2) 柏木幸助関連資料  (柏木体温計など計10点)
    国産第1号の水銀体温計製造に成功した柏木幸助を紹介します。
(3) 藤岡市助関連資料  (岩国電車模型計10点)
    国内初のアーク灯点灯など電気分野に多くの業績を残した藤岡市助を紹介します
(4) きらり山口!もの作り人物伝クイズコーナー・各人物年表

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー