トップページイベント情報 > 山口県指定有形文化財 吉田松陰関係資料

イベント情報

山口県指定有形文化財 吉田松陰関係資料

吉田松陰関係資料

 本展は、明治150年を記念し、維新の先覚・吉田松陰の生涯を、彼の代表的資料でたどるものです。
 山口県文書館の特別協力のもと、同館所蔵の県指定有形文化財「吉田松陰関係資料(吉田家伝来)」の中から厳選した資料を8期に分けて紹介します。
 直筆の書簡をはじめとした一級の実物資料を通して、松陰の幼少時代から安政の大獄による処刑に至るまでの生涯を順を追って知ることができる絶好の機会です。
解説シートはこちら>>

会期 平成30年4月17日(火)〜12月24日(月・振替休日)※全8期
9:00〜16:30(入館は16:00まで)
月曜休館。月曜が祝日の場合火曜日。特別展開催期間中は同展に同じ。

第1期 兵学者としての修業
     平成30年4月17日(火)〜5月20日(日)
第2期 若き兵学者
     平成30年5月22日(火)〜6月17日(日)
第3期 初めて江戸へ出る
     平成30年6月19日(火)〜7月22日(日)
第4期 脱藩して東北へ
     平成30年7月24日(火)〜8月19日(日)
第5期 果たせなかった海外渡航
     平成30年8月21日(火)〜9月24日(月・祝)
第6期 野山獄囚として
     平成30年9月26日(水)〜10月21日(日)
第7期 松下村塾を主宰
     平成30年10月23日(火)〜11月25日(日)
第8期 安政の大獄で処刑
     平成30年11月27日(火)〜12月24日(月・振替休日)
会場 山口県立山口博物館 歴史常設展示室
主催 山口県立山口博物館
山口市春日町8-2
特別協力 山口県文書館
山口市後河原150−1
観覧料 常設展観覧料(一般150円、学生100円)に含む。
*70歳以上、19歳未満の方及び高等学校・中等教育学校・総合支援学校(特別支援学校)等に在学する生徒は無料。
出品点数(予定) 全54点(うち県指定文化財46点)
※出品資料を変更する場合があります。  出品目録はこちら>>

第1期「兵学者としての修業」の出品資料 6点

@ 吉田(よしだ)松陰(しょういん)自賛(じさん)肖像(しょうぞう)(中谷本(なかたにぼん))
  ※吉田松陰が、門下生中谷正亮に与えた自賛肖像画。6幅作られたもののうち、最後の1幅。
   平成29年度保存修理後の初公開。
A 文政(ぶんせい)十年(じゅうねん)詔(みことのり)   *
B 城(しろ)取(とり)縄張(なわばり)方円図(ほうえんず)(上覧(じょうらん)作図(さくず))  *
C 山鹿流(やまがりゅう)兵学(へいがく)伝授(でんじゅ)人名(じんめい)控(ひかえ)  *
D 兵法伝授序(へいほうでんじゅじょ)  *
E 題(だい)防長両国図(ぼうちょうりょうこくず)  *

  *=県指定有形文化財、@は山口県立山口博物館蔵、A〜Eは山口県文書館蔵
問い合わせ先 山口県立山口博物館(担当・山田)
〒753-0073 山口市春日町8−2
電話(083)922-0294/FAX(083)922-0353
http://www.yamahaku.pref.yamaguchi.lg.jp/

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー