トップページイベント情報 > 特別展「どきどき! ドローン・ワールド」 開催要項

イベント情報

特別展「どきどき! ドローン・ワールド」 開催要項

写真:どきどき! ドローン・ワールド

 大空を自由に飛び、感動の空撮写真はもちろん、荷物を運んだり人命救助などにも活躍する、いま注目のドローン。ドローンは、無線技術やIoT(Internet of Things:すべてのものがインターネットでつながる世界)、AI(artificial intelligence:人工知能)など、これからの私たちの生活に欠かせない技術のイノベーションによって、ますます活躍の場を広げています。
 本展覧会では、今や無線技術を利用した代表的な製品の1つとなっているドローンをメインに据えながら、無線技術の歴史や最先端技術を、体験型の展示をとおして紹介することにより、無線技術の過去・現在・未来を楽しみながら学びます。

主催 山口県、山口県教育委員会、「どきどき! ドローン・ワールド」(仮称)実行委員会(山口県立山口博物館、(地独)山口県産業技術センター、tysテレビ山口、山口新聞社 )
会期 2019年8月1日(木)〜9月1日(日)(29日間開催)
プレイベント 7月27日(土)開催、
休館日 8月12日(月)を除く、毎週月曜日。
場所 山口県立山口博物館3階会場(山口市春日町8−2)
展示内容 あこがれの無線技術
 無線が情報を伝える原理やしくみを、ラジコンカーや原理模型などの操作体験を通して紹介します。あわせて、無線技術の発展してきた歴史をパネルや実物資料で紹介します。

おどろき!ドローン・ワールド
 約5年前に登場したドローンは、今や無線技術を利用した代表的な製品の1つとなっています。従来とは一味違う空撮映像の撮影に利用されるドローンは、IoTやAIとのイノベーションにより農業、防災、エンターテインメントなど幅広い分野で従来の在り方を変えようとしています。これからの私たちの生活で大きな役割を果たそうとしているさまざまなドローンが大集合します。見て、さわって、操縦を体験しよう。

つながる未来のテクノロジー
 無線技術とIoTやAI(人工知能)のイノベーションで、従来のあり方を変える無線技術関連製品が開発されています。県内の企業や研究機関、教育機関でも、私たちの生活を支える無線技術が研究・開発されています。これらの技術を実演や体験も交えて紹介します。
入館料 一般 1,000円、学生・シニア(70歳以上の方)650円
19才未満の方及び高等学校、中等教育学校、特別支援学校等に在学する生徒は無料(予定)

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー