イベント情報

県立山口博物館「天王星と海王星を見る会」の開催について
太陽系で一番遠くの惑星を見よう!

 天王星と海王星は太陽から最も遠くの惑星で、太陽の周りをそれぞれ84年、165年で公転しています。いずれの惑星も遠くて暗いため、一般の望遠鏡では見つけ出すことが困難ですが、博物館の大型望遠鏡ではその姿を見ることができます。併せて「秋の星空」についての解説も行います。
 この機会に、太陽系最遠の惑星をぜひご覧ください。
 
講 座 天王星と海王星を見る会
日 時 平成29年11月18日(土)19:00〜21:00 (雨天・曇天中止)
※開催の可否は開始時刻のおおむね3時間前の天候で決定し、山口博物館のホームページでお知らせします。
場 所 山口県立山口博物館屋上および天体観測室
講 師 松尾 厚(山口博物館学芸員)及び山口県天文協会会員
対 象 一般県民(中学生以下は保護者同伴)
定 員 特に制限しない(参加申し込み不要、当日自由参加)
参加費 無料
問合わせ先 〒753-0073
山口市春日町8番2号
山口県立山口博物館 「天王星と海王星を見る会」係(担当:松尾)
電話:083-922-0294
http://www.yamahaku.pref.yamaguchi.lg.jp/

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー