イベント情報2018

明治150年記念関連特別展「激動の幕末長州藩主 毛利敬親」
平成30年7月13日[金]〜8月26日[日]
 激動の幕末維新期に、長州藩13代藩主として幾多の難局を乗り越え、明治維新達成に大きく貢献した毛利敬親(1819-71)の生涯と事績を一級の歴史資料と美術工芸品で紹介します。
 リーダとして、時代の変革にどう対処たか。藩主ら華族へ身分の変化にいか順応した。幕末ら明治へとう社会大きな革の流れを、旧藩主視点から辿ります。

明治150年記念関連特別展 「夢・未来・そして宇宙へ! 宇宙兄弟展2018×やまぐちと宇宙(仮称)」」
平成30年7月19日(水)〜9月2日(日)
 明治150年の節目の年にあたる平成30年(2018年)を迎え、山口県では明治維新や日本の近代化を成し遂げた先人たちの「志」と「行動力」に学び、今に活かし、そして未来へつなぐための明治150年プロジェクト「やまぐち未来維新」を展開します。
本展は、その一環として、「未来」に焦点を当て、宇宙の不思議や魅力を知り、最新の宇宙開発技術やその活用について学び、未来に向かってチャレンジし続けることの大切さを伝えようとするものです。
 展示は、「宇宙兄弟展2018」と「宇宙がつなぐ未来−やまぐちと宇宙−」の2部で構成しています。

サイエンスやまぐち 2018
平成30年10月26日(金)〜11月11日(日)
 70年以上の歴史をもつ「サイエンスやまぐち」は、児童・生徒たちが常日頃研究してきた成果を、作品の展示や研究発表会を通して広く県民の方々に見ていただく場を提供し、その成果を顕彰することで、科学に対する関心と研究の意欲を醸成しようとするものです。あわせて、青少年の自然や科学への関心を深め、科学活動が活発となることを期待しています。

明治150年記念テーマ展 「山口県指定文化財 吉田松陰関係資料」
平成30年4月17日(火)〜12月24日(月・振替休日)
  本展は、明治150年を記念し、維新の先覚・吉田松陰の生涯を、彼の代表的資料でたどるものです。山口県文書館の特別協力のもと、同館所蔵の県指定有形文化財「吉田松陰関係資料(吉田家伝来)」(753点)の中から厳選した資料を、8期に分けて紹介します。
松陰直筆の書簡をはじめとした一級の実物資料を通して、激動の幕末維新史を学ぶことのできる絶好の機会です。

テーマ展「寄贈された動物資料」
詳細は決まり次第掲載します。

TOPへ戻る