トップページ > イベント情報

イベント情報

2019年度イベント情報

当館では年間を通じて、様々なテーマに沿った展示やイベント行事を開催しています。
講座や学習会などの詳細は、「各種の講座」をご覧下さい。


テーマ展「目撃!地球史40億年 ―岩石が語る地球の歴史―」

 地球史46億年のうち、三葉虫などの生物化石が登場するまでの40億年間の歴史を、ふだん目にすることのできない大陸の岩石標本と風景写真でたどります。また、山口大学と共催で、防府の土石流災害から10年を迎えることを機に、パネル展示「土砂災害を知ろう」を同時開催します。

詳しくはこちら

特別展「どきどき! ドローン・ワールド」

 大空を自由に飛び、感動の空撮写真はもちろん、荷物を運んだり人命救助などにも活躍する、いま注目のドローン。ドローンは、無線技術やIoT(Internet of Things:すべてのものがインターネットでつながる世界)、AI(artificial intelligence:人工知能)など、これからの私たちの生活に欠かせない技術のイノベーションによって、ますます活躍の場を広げています。
 本展覧会では、今や無線技術を利用した代表的な製品の1つとなっているドローンをメインに据えながら、無線技術の歴史や最先端技術を、体験型の展示をとおして紹介することにより、無線技術の過去・現在・未来を楽しみながら学びます。

詳しくはこちら

サイエンスやまぐち 2019

 70年以上の歴史をもつ「サイエンスやまぐち」は、児童・生徒たちが常日頃研究してきた成果を、作品の展示や研究発表会を通して広く県民の方々に見ていただく場を提供し、その成果を顕彰することで、科学に対する関心と研究の意欲を醸成しようとするものです。あわせて、青少年の自然や科学への関心を深め、科学活動が活発となることを期待しています。

詳しくはこちら

連携テーマ展「弥生時代と米作り―食生活の革命!―」

 弥生時代は日本列島において、本格的に米作りを始めます。弥生文化を特徴づける水田稲作農耕や金属器をはじめとして先進的な文化が大陸や半島から伝えられてきます。
 こうして弥生時代に現代の日本文化を規定していく農業を中心とした生産基盤とした社会が形作られていきます。
本展では、山口県における稲作文化の伝播をたどり、県域の弥生文化の成立と発展による食生活・住居の変化やその複合性に焦点をあてて、県内の資料を中心に展示します。

詳しくはこちら

テーマ展「空の不思議な写真展」

 夜空を観察していると、雨のように降ってくる流れ星など、100年に1度という稀な現象に出会うこともあります。昼間の空にも、「これはなんだろう?」と思う不思議な現象が見られます。
  本テーマ展では、これまでに山口博物館に寄せられた珍しい天体写真や映像をはじめ、空に見られる珍しい出来事、不思議な現象を撮影した写真など、主に山口県で撮影された驚くような写真を多数展示します。自然の美しさ、不思議さを感じていただくとともに、空や宇宙への興味を一層深めていただければ幸いです。

詳しくはこちら

[ HOME ] [ 戻る ]

HOME概要利用案内展示案内イベント情報収蔵紹介リンク集サイトマップサイトポリシー